MAI OSAWA 大澤麻衣

I take on regular commissions using both watercolour and pen & ink.

I also run Intaglio Printmaking workshops. Get in touch if you are interested. I will send you further information.

Latest news on Instagram

Print

Printmaking process creates exactly the affect I am looking for in both drawing and sculpture and is the perfect technique for my current projects.

Watercolour

Beautiful buildings, fascinating museums, unique records of people's lives and architectural history.

Acrylic painting

Mountains inspire me to paint. Peaks, clouds, shades, colours... always changing and never same.

Colour illustrations

I take on regular commissions for both editorial and personal drawings.

View example works

line drawing

Classic line drawings for 'I Never Knew That' book series by Christopher Winn.

View example works

Black&White illustrations

I always love black & white art works which leave more space for the imagination.

View example works

People

I am endlessly fascinated by people and the stories behind their lives.

View example works

Maps

I still use my old non-digital map wherever I go. I think a map is a beautiful piece of art forever.

View example works

profile


I studied graphic design at the College of Art, Nihon University, in Tokyo, and after graduating I joined a TV/theatre production company and became a set designer. I have a particular passion for architecture, honed from my early years growing up with my architect father, and so designing different buildings on stage was a dream job for me.

Since moving to the UK my passion for architecture has grown. I have done many drawings of buildings, some for the 'I Never Knew That' book series by my husband, Christopher Winn, as well as for my own book 'The Small Churches in Britain', published in Japan.

Being trained as a set designer important aspects in my work are ‘light’ and ‘dimensions’, with which I create a scene without actors and on to which the viewer can project their own stories and imagination. My hope is to achieve that effect, not only in my own works, but also in commissions and book illustrations for others.


Education

Collage of Art, Nihon University in Tokyo, Japan
(Degree: Visual Communication Design, BA)

Exhibition

2004 'The original drawings of I Never Knew That' at the Savile Club, London
2006 'The original drawings of I Never Knew That book series' at the Savile Club, London
2014 Ochre Print Studio Summer Exhibition, Guildford
2015 'Spring To Summer : 12 Printmakers' at Baker Tilly, Guildford
2016 Ochre Print Studio Summer Exhibition, Guildford
2017 NOPE (National Open Printmaking Exhibition) at Bankside Gallery, London
2017-18 Hahnemühle Mini Print Exhibition
2018 Ochre Print Studio Summer Exhibition, Guildford

Illustrations : Books

2004-ongoing ‘I Never Knew That About...’ series by Christopher Winn (Publisher : Ebury Press)
2008 ‘The English House’ by Clive Aslet (Publisher : Bloomsbury)
2009 ‘Great British Weapons’ by George Courtauld (Publisher : Ebury Press)
2011 ‘Young Herriot’ by John Lewis-Stempel (Publisher : BBC Books)
2015 'The Trains Now Departed' by Michael Willams (Publisher : Preface)
2015 ‘Bricks and Mortals’ by Tom Wilkinson (Publisher : Bloomsbury)
2016 ‘See London By Tube’ by Christopher Winn (Publisher : Ebury Press)
2016 ‘Carols From King’s’ by Alexandra Coghlan (Publisher : BBC Books)
2018 ‘Walk Through History: Discover Victorian London’ by Christopher Winn (Publisher : Ebury Press)

Illustrations : Other commissions

- Magazines
The Mayfair / Kensington and Chelsea / Fulham Residents' Journal / Belgravia Residents Journal / Vantage Magazine / Pell-Mell & Woodcote / Luxury London
- Branding
Finchatton, The Yeoman's Row, London / The Glebe, London

Book

2012 ‘イギリスの小さな教会’ (Publisher:書肆侃侃房)

イギリスの小さな教会      

イギリスの小さな教会(書肆侃侃房出版)

  • 旅心をくすぐられる(週刊読書人)
  • ユニークで 手間ひまのかかった
    良心的な好著 (リンボウ先生)
  • 建築と装飾の魅力を伝えてくれる(西日本新聞)
  • 教会を巡り歩く著者の軽快な姿が目に浮かんでくるよう(世界日報)

購入はこちらから
南洋堂 Amazon Amazon Kindle

旅の続きはこちらから Instagram

イングランドだけでも16000以上ある教会堂

その中からどのように50カ所を選んだかは、本から感じ取っていただけることを願っていますが、 紹介しきれなかった教会もInstagramで紹介していこうと思います。

特に面白いのは宗教改革前の建築様式

6世紀後半から少しずつ変化してきた教会建築。 どの時代でも共通していたのは、建築家や技師たちがそれぞれの好みやユーモアを取り入れて、独自の味をだしてきたこと。

イギリスの建築様式

必要最低限で質素だったサクソン時代。
立派な建物で権力を見せつけた中世。
商人が財力を示す教会を建てたチューダー時代。
そして洗練された景観をつくりだす教会をデザインしたジョージアン時代。

キリスト教伝導のために建てられ始めた教会堂も、時代背景や流行に影響を受けながら少しずつ変化していきました。どの時代でも共通していたのは、 建築家や技師たちが自分たちの好みやユーモアを取り入れて、それぞれ独自の味をだしてきたこと。だからイギリスの教会は好奇心をそそられるのです。

    時代と建築様式

  • サクソン (600-1066)
  • 中世 (1066-1485) : ノルマン(ロマネスク) / ゴシック(初期イングリッシュ・装飾ゴシック・垂直ゴシック)
  • チューダー(1485-1603) : チューダー / ゴシック・サバイバル / ルネッサンス
  • ステュアート(1603-1714) : ジャコビアン / ステュアート・クラシック
  • コモンウェルス(1649-1460) : イングリッシュ・バロック
  • ジョージアン(1714-1830) : ゴシック・リバイバル / ジョージアンパラディアン / ロココ / クラシカル・リバイバル / ピクチャレスク / レジェンシー
  • ウィリアム4世(1830-1837) 
  • ビクトリアン(1837-1901) : ビクトリアン / オールド・イングリッシュ / クイーン・アン / アーツ・アンド・クラフツ
  • 20世紀 : アール・ヌーヴォー / アール・デコ / モダニズム / ブルータリズム / ハイ・テク / ポスト・モダニズム

産業革命前の石材の運搬には水路が使われた

でもそれにはある程度の財力が必要であったため、 一般的に教会は地元で採れる石で建てられました。だからこそ、古い教会は特に風景に溶け込み、自然と調和しているのです。

石材の特徴

加工しやすい一方で、風化が著しい砂岩(Sandstone)。
同じく加工がしやすく、精巧な彫刻や高さのある塔を可能にした石灰岩(Limestone)。
一方、硬質で加工が困難で、他の石材と一緒に使われる傾向にあるフリント石(Flint)。
そして、最も硬質で、彫刻などの装飾が少ない花崗岩(Granite)

土地柄や経済的理由で地元の特徴がみられない教会も中にはありますが、 こうした特徴を一つの目安として訪ね歩く旅も面白いかもしれません。